脱毛でトラブルが起こった際は国民生活センターに相談しよう!

脱毛サロンは気軽に利用できる安全で安心な施設、というイメージがありますよね。

ですが、絶対にトラブルが起こらないとは言い切れません。

例えば、肌に火傷というトラブルを起こしてしまい、問い合わせても何も対処してくれないということもありますよね。

また、しつこい勧誘があったり、悪徳商法などがあり、悪質なサロンというのも無いとは言い切れません。

一昔前に比べると、エステサロンに対する法律もずいぶんと厳しくなり、こういった悪質な商法を行うサロンは減ってきています。

大手のサロンであれば、もし勧誘が不快に感じた場合でも、サロンのお客様サポートダイヤルなどに連絡すれば対応してもらえることもあるでしょう。

ですが、規模が小さいサロンや悪質なサロンの場合には、問い合わせても良心的な対応が得られない場合があります。

そのような場合には、国民生活センターに相談するようにしましょう。

第三者が介入することにより、トラブルが円滑に解消する可能性が高くなります。

何らかのトラブルに巻き込まれた時には、どうしても不安でいっぱいな気持ちになってしまいますよね。

そんな時、そういった消費者トラブルを数多く解決してきたプロである国民生活センターに連絡して相談すると、色々なアドバイスを受けられます。

不安を和らげることができるという点でも、ぜひ活用したいですね。

また、もし肌トラブルが起こってしまったのに対処してもらえなかったという時には、皮膚科を受診し、診断書をもらってきましょう。

診断書が肌トラブルの証明となります。

脱毛サロンに関して寄せられる苦情は、実は件数ではほとんど減っていないようです。

つまり、今でも一部には悪質な商法を行うエステサロンが存在しているということですね。

特に多いのがキャッチセールスなど。

該当でアンケートなどと言って声をかけ、そのまま無料体験に誘われ、勧誘されて高額なコースを契約させられるといったものですね。

それから、途中解約したいのに応じてもらえないといったこともあります。

このような悪質なサロンに引っ掛からないよう、事前に口コミなどの情報もしっかりチェックし、より安心して利用できる高品質なサロン選びをしましょう!

このブログ記事について

このページは、hajimeが2015年1月 6日 17:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「脱毛コースをクーリングオフしたいなら一週間以内に手続きを!」です。

次のブログ記事は「結婚前にしておきたいことの1つ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13