脱毛コースをクーリングオフしたいなら一週間以内に手続きを!

無料カウンセリングを受けると、どうしてもテンションが上がってしまい、ついつい勢いで高額なコースを契約してしまうことがありますよね。

だけど、家に帰ってからよくよく考えてみると、後悔してしまうという人もいらっしゃいます。

帰宅後、冷静になってから契約を取り消すことができるという嬉しい方法が、クーリングオフと言われる制度です。

ただし、このクーリングオフ制度を利用するためには、様々な規定があるので注意しなければなりません。

まず、クーリングオフの対象となるのは期間1カ月、金額5万円を超える契約の場合です。

これ以下だと、クーリングオフの対象外になります。

期間的には脱毛コースで1カ月以内というのは無いので問題ありませんが、脱毛のコースは低料金化が進み、5万円以下のコースは多数あります。

対象外になる可能性もあるため、格安なコースほど慎重に契約しなければなりませんね。

ですが中には、5万円以下の契約に関してもクーリングオフを適用している脱毛サロンも存在します。

サロンによって規定は様々なので、まずは無料カウンセリング時にしっかり確認しておきましょう。

クーリングオフに対応しているかどうか、という点は、公式サイト等でもあまり記載されていません。

無料カウンセリング時、あるいは電話等での問い合わせで事前に確認しておくと安心ですね。

そして、もう1つ注意したいのがクーリングオフできる期間です。

クーリングオフは、契約日から8日以内となっています。

ただし、契約を交わしたその日が1日目。

つまり、1週間以内の手続きが必要であるということです。

クーリングオフの手続きには、特に決まった形式というものはありません。

1週間以内に、「契約を解除する」という旨を書いたハガキや内容証明郵便をサロンに送るだけです。

サロンに出向く必要も、電話をかける必要もないので、気軽に行えるのが嬉しいですね。

配達日時をしっかり記録するため、簡易書留で送りましょう。

少額でもクーリングオフ制度をしっかり活用できるサロン、また途中解約時にも良心的に対応してくれるサロンを選べば、後悔のない脱毛の契約ができますね。

このブログ記事について

このページは、hajimeが2015年1月 6日 17:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「必見!脱毛上級者は部位ごとに脱毛サロンを選んで通っている♪」です。

次のブログ記事は「脱毛でトラブルが起こった際は国民生活センターに相談しよう!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.13